シートカバーはISOFIXのチャイルドシート取付に対応しているのか?

isofix

ISOFIXとは

ISOFIXとは、チャイルドシートを車のシートに固定する規格のことです。国際規格なので、日本車にもイタリア車のFIATにも、ドイツ車のベンツにも同じ形状の取付位置がついています。最近のチャイルドシートの取付は、このISOFIX固定金具で取り付けるものが多いですね。少し前はシートベルトでチャイルドシートを固定することが多かったのですが、グラグラしたり、子どもがベルトを外してしまう危険性から、ISOFIXに対応したシートカバーは、金具取付ができるようになっています。

2012年7月以降に販売された国産車はすべてISOFIX対応となっていて、シートの下部にチャイルドシートのマークがついたプラスチック部がついています。アクアのようにシートの中に埋め込まれて、一見するとわからない車種もあります。

チャイルドシート

シートカバーはISOFIXをふさいでしまうのか

さて、シートカバーを取り付けるとISOFIXの穴が塞がって、チャイルドシートが使えなくなってしまうのでしょうか。

最近の車に合わせて作られたシートカバーは、ほぼ最初から穴があいているので大丈夫です。シートカバーメーカーが「ISOFIX対応」とわざわざうたっていなくても、たいていのシートカバーは穴が開いています。当店に持ち込まれたシートカバーは、ISOFIX用の穴が予め開けられていた商品がほとんどでした。

isofix

ISOFIXの穴が開いていないシートカバーは?

日本では2012年7月からISOFIX対応でしたので、それ以前の中古車は、シートにISOFIXがついていないことも多いです。年式で言うと平成24年以前の中古車です。

年式24年以降の車に適合するシートカバーで、有名どころのメーカーのシートカバーであれば、ほぼ開いていると思います。ですが、ISOFIXの穴が開いていない時はどうすればいいのでしょうか。有名どころ以外のシートカバーメーカーもたくさんあります。実際にそういったシートカバーにこれまでいくつも出くわしました。

その場合は、自分で穴を開ければいいのです。

今でこそ車種専用のシートカバーはヘッドレストの穴、ISOFIXの穴、アームレストの穴などはたいてい最初から開いていますが、昔のシートカバーはだいたい自分で生地に穴を開けていました。シートの生地は、裏地にメリヤスやウレタンが入っているので、切り込みからほころびてダメになるということはほとんどありません。むしろ必要な穴は自分で開けるように作られてきたのがシートカバーです。背面にコンビニフックのプラスチックがあって埋まってしまったら、自分で切り込みを入れて出せばよいのです。

そういうわけで、ISOFIXの穴が開いていなかったら、自分で切り込みを入れましょう。

isofix

切り込みの入れ方

シートカバーの生地を切るときは、カッターかハサミを使います。ISOFIXの取り付け部にプラスチックカバーがついているのであれば、いったん取り外してしまいましょう。シートの生地にカッターで穴を開けて、後で上からプラスチックカバーをかければ、きれいな見た目になります。

はみ出ている生地はヘラで押し込む

プラスチックカバーからはみ出してしまった生地はヘラなどを使って生地を押し込んでいきましょう。きれいに入れて行けばシワも出ずに仕上がりが良くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最近のシートカバーはISOFIX用の穴が開いているので、ISOFIXのチャイルドシートも取り付けることができます。万が一穴が開いていなかったら自分で切って穴を開ければOKです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シートカバーのシワとフィッティング

    きついシートカバーはフィッティングが良い証拠

  2. グレイスシートカバー

    自分の車に適合するシートカバーを見つけるには

  3. カスタムシミュレーター

    オーダーシートカバーをシミュレーションで見て買う方法

  4. アルファード見積

    アルファードにシートカバーをつけ、価格を抑えて上級グレードの内装へ

  5. 車種専用シートカバー

    シートカバーのブランドがいくつあるのか調べてみた

  6. ワインレッドシートカバー

    シートカバーの色で悩んだら…おすすめの色はこうやって選ぼう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。