オーダーシートカバーをシミュレーションで見て買う方法

カスタムシミュレーター

仕上がりのイメージを確認したいときはカスタムシミュレーター

シートカバーを自分で色を選び、オーダーで買う場合、仕上がりのイメージがわからないと不安になりますよね。なんとなくこんな感じとイメージしていたのに、いざ商品が届いてみたらこんなはずじゃなかった、というのはよくある話です。シートカバーメーカーも、そのようにお客さんをがっかりさせないように、便利なカスタムシミュレーターを用意しているところがあります。意外と知られていないと思うので、各社のシミュレーターを紹介します。これでポチポチいろいろなシートカラーやステッチカラーの変更のイメージをして、オーダーすれば、イメージと実物が近い状態で来るという優れものです。

Refinadカスタムシミュレーター

Refinadシートカバーのカスタムシミュレーターは、メーカーサイトのこのページで確認できます。
Refinadカスタムシミュレーター
画面下部の方にカスタムシミュレーターがあります。Refinadのいろいろなシリーズのデザインはたいていこれで確認できますね。車内に取り付けた感じがイメージしやすくてGoodです。

Snadiiカスタムシミュレーター

Sandiiシートカバーのカスタムシミュレーターは、メーカーサイトのこのページで確認できます。
Sandiiカスタムシミュレーター
Sandiiはマカロンというシリーズのみカスタムシミュレーターがあります。このページの画面下部にシミュレーターがあり、シートカラーやパイピングの色を確認できます。全体がイメージできるのでわかりやすいですね。

Artinaカスタムシミュレーター

Artinaシートカバーのカスタムシミュレーターは、メーカーサイトのこのページで確認できます。
Artinaカスタムシミュレーター
Artinaはロイヤルカスタムというシートカバーの購入サイトでシミュレートできます。シート1席のみを変更するタイプですが、選べるカラーは多いです。

Clazzioカスタムシミュレーター

Clazzioシートカバーのカスタムシミュレーターは、メーカーサイトのこのページで確認できます。
Clazzioシートカバー
クラッツィオはカスタムオーダーという種類でこちらから見ます。車種を指定して進んでいくとシミュレーターがあります。変更できるデザインはとても多いですが、ダイヤステッチにしたり、本革仕様にしたりするとその場で価格も上がっていきます。

生地の色は無料サンプルを取り寄せよう

シミュレーターである程度の仕上がりイメージはつきますが、画面上で見る色合いと実際の生地の色はどうしても異なる部分があります。装着ギャラリーの写真でも、光の当たり方によって全く見え方が変わってくることがあるので、色をしっかり確認したいときは、やはりメーカーから無料の生地サンプルを取り寄せた方が安心でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カスタムシミュレーターを使うと、意外とこの色もかっこいいし、この色もいい、とバリエーションの幅が広がりますよね。せっかくオーダーするのであれば他にない自分のお気に入りの色を選んでデザインしましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. DOLCE

    自分の車にシートカバーを取り付けてみて感じたメリットとデメリット

  2. プリウスシートカバー

    シートカバーは本革シートに取付できないのか?

  3. アルファード見積

    アルファードにシートカバーをつけ、価格を抑えて上級グレードの内装へ

  4. レザー

    シートカバーのレザー使用面積を各メーカーごとに比較してみた

  5. シートカバーのシワとフィッティング

    きついシートカバーはフィッティングが良い証拠

  6. isofix

    シートカバーはISOFIXのチャイルドシート取付に対応しているのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。